株式投資は怖い!?チャレンジする価値はあるのか?

株は本当に怖いのか?

普通、投資と言うと、真っ先に思い浮かぶのが株式投資です。
それだけポピュラーと言えますが、株式投資をしたことが無い方は「株は怖い…」と考えている人も少なくありません。
実際、株価が暴落して、資産を失ったというような話を聞いたことがあると思います。
では、実際のところはどうなのでしょうか?本当に株は怖いのでしょうか?
確かに株式投資にはリスクが伴います。
しかし、適切にリスク管理をすることで、リスクを抑えながら、大きなリターンを手に入れる可能性を秘めた投資と言えます。

株式投資の仕組みは?

株式投資は上場している企業の株を証券会社を通じて売買することで、利益を上げることを基本としています。
単純に考えると1株10,000円の株価の時に買った株を20,000円になった時点で売れば、20,000-10,000=10,000円の利益が上がるという感じになります。
もちろん、逆に下がる可能性もあるので、株を購入するときは、どこの会社の株を買うのか慎重に見極めをする必要があります。
見極めのポイントはちゃんとキャッシュを稼ぐことができる経営になっているかどうかという点です。
そのためには1年間の企業の成績表とも言える、損益計算書などをじっくりと見て、参考にする必要があります。
一般に損益計算書と貸借対照表の二つは企業の業績や今後の予測を考える上で、不可欠の資料と言えます。
こうした資料を読んで理解できるようになるためには、営業利益や経常利益、それに営業キャッシュフローなどの専門的な会計用語も勉強していかないといけないでしょう。

株式投資の意外なメリット

株式投資は株の売買で利益を出すのが基本ですが、それ以外にもメリットがあります。
例えば、利益が出ている企業の場合、株主に配当が出ます。
この配当金の額は株価からの割合で考えてみると、結構、高い金額だったりします。
特に現在の銀行の定期預金なんかと比べたら、何十倍もの金額になっているケースもあります。
それ以外に、株主に対して株式優待を出している企業もあります。
これは株主に、その企業の商品やサービスを無料、あるいは割引で提供したりするものが典型的です。
また、その企業の商品とはまったく関係がない商品券などが送られるケースもあります。
いずれにしても、株を持っているだけでこうしたメリットを受けることができます。

株式投資は挑戦する価値あり!

株式投資はリスクを伴うものの、しっかりと企業分析をして行えば、大きな見返りを得ることができる投資です。
難しい分析が苦手な人は、最初は配当金が多い(=儲かっている)会社や株主優待が貰える会社を選んでみても面白いでしょう。
いずれにしても、余裕資金で行うことが重要です。