投資のススメ

今までの日本では郵便局、銀行などに稼いできたお金を貯蓄するのが当たり前でしたが、これからの日本ではそれが本当に正しいのでしょうか?自分の財産を守れるのでしょうか?
管理人JUNからみるとそれは間違えです!自分の資産はこの先寝かして置くのではなく生かさないと!運用しないと!
それが“投資”をを本来の意味だと思っています。
まずは株式投資からご説明していきます。

 

投資初心者のための株式投資の始め方

株式投資を始めるのは難しいのか?

株価には上がり下がりがありますが、大きく見れば、日本株の株価は上昇基調にあると言われています。
そんな中、株式投資で利益を上げた人も周りにはいるのではないでしょうか?
そんな人を見ていると、自分もやってみたいと思うはずです。
では、初心者が株式投資を始めるのは難しいのでしょうか?
初めて株を買おうと思っている人にとっては何だか難しい感じがするかもしれませんが、実際はそんなことはありません。
手続きそのものは本当に簡単です。

株式投資はどうやって始めるのか?

では株初心者がいざ株取引を始めようと思ったら、何からはじめたら良いのでしょうか?
先ずは証券会社で証券口座を作らないといけません。
これは銀行に行って、新規に口座を開くようなものだとイメージしたら良いと思います。
口座を開く証券会社はたくさんあるので、どこの証券会社にするか迷うかもしれません。
株の売買には手数料がかかりますが、この手数料の額は証券会社ごとに違いがあります。
基本的には手数料が安い、ネット証券を選ぶのが鉄則です。
それぞれのネット証券のホームページを見れば、新規の口座の作り方が丁寧に書かれているはずです。
口座を作れば、日本株はもちろん、米国株など海外株式の取引も可能です。

証券口座を作った後は?

証券会社に口座を作った後は、口座に株式投資用の資金を入れます。
この資金を使って、実際に株を購入することになります。
どの銘柄の株を購入するかで、命運が分かれますので、銘柄選びは慎重に行いましょう。
銘柄ごとに現在の株価と、売買の最低単位が決まっています。
例えば100円の株価で、売買単位が1,000株となっているなら、おおよそ100×1,000=100,000円ぐらいの資金がないと買えないことになります。
しかし、売買単位の10分の1で取引が出来るミニ株というものもあります。
ミニ株だと売買単位が1,000株の株式の場合でも、100株の購入が可能となります。
初心者だとミニ株から始めてみても良いでしょう。

株式投資を始める際の注意点

株式投資は証券会社に口座を作って、資金を入れれば、あとは自己責任で売買をすることになります。
初心者の方はワクワクどきどきしながら、株式投資家への第一歩を踏み出すことになると思います。
ただ株式投資はギャンブルではありません、あくまで「投資」です。
ですから、売買に際しては常に冷静に判断していく必要があります。
決して熱くなって資金を必要以上に注ぎ込むことの無いようにしましょう。
少額でも出来るミニ株などもおススメです。

 

▼更新情報

FXの始め方 10/1更新
投資信託の始め方 9/19更新
NISAの始め方 9/11更新
不動産投資の始め方 8/21更新

 

★管理者

NAME = JUN MAEDA
PROFILE = 投資歴8年になる東京都出身35歳男性。仕事はプログラマ、趣味はバイクでツーリング。
MAIL = jun001987_a@yahoo.co.jp